【本当?嘘?】目の下のたるみは水分不足が原因?

・目の下のたるみの主な原因について

目の下のたるみの主な原因は肌の水分不足です。

たるみのない肌の場合、肌の表皮の奥にある真皮に、コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンといった成分がしっかりと存在していて、ハリや弾力のある肌を維持しています。しかし、角質が水分不足になると真皮内の線維芽細胞という細胞の機能が低下してしまうことが分かっています。

線維芽細胞というのは、コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンという成分をつくり出す働きをもっているため、線維芽細胞の機能が低下してしまうと、コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンといった成分が減少してしまうため、肌の弾力やハリが失われてしまって、目の下のたるみにつながってしまうのです。

肌の水分不足の大きな原因となるのが紫外線です。紫外線は肌の表面の水分を奪ってしまうだけではなく、肌の保湿機能やバリア機能まで低下させてしまうため、肌の内部も水分不足となってしまうのです。

そこで、肌が水分不足とならないためには紫外線対策が必要となりますが、紫外線対策なら日頃から行っていると思う人もたくさんいると思います。しかし、その紫外線対策は万全でしょうか?

紫外線対策というと日焼け止め塗ったり、日傘をさしたりといった方法で紫外線を浴びないように対策をしているという人が多いと思います。もちろんそういった紫外線対策は欠かせませんが、どれだけしっかりと紫外線対策を行っても紫外線は浴びてしまうものです。

そこで紫外線によって失われた水分を身体の内側からも補給してあげることも大切です。この内側からの紫外線ケアまできっちりと行っている人は意外と少ないのではないでしょうか。

体内が水分量と肌の水分量は大きく関連していて、しっかりと体内に水分補給をすることで、肌にもしっかりと水分や栄養素が行き届きやすくなります。よって、紫外線を浴びたときはしっかりと水分補給をしていきましょう。ただし、水分補給をする際は、一気にまとめて水分補給しようとしても、多くが吸収されずに体外に排出されてしまうので、複数回に分けてこまめに水分補給するのがポイントになります。

 

 

・目の下のたるみの原因となる水分不足を外から補う方法

目の下のたるみの原因となる水分不足を補うために、体内から水分補給することを紹介しましたが、外部からもしっかりと潤いを与えて、水分不足にならないようすることも大切になります。

最近では、いろいろなケア商品が販売されているので、外部から肌に潤いを与える方法はいろいろあるので、そういったケア商品を活用して効率よく肌に潤いを与えていきましょう。

顔の肌に潤いを与える数あるケア商品のなかでも保湿クリームは使用している人もたくさんいるのではないでしょうか。保湿クリームは様々なメーカーがいろいろな保湿クリームを販売しているので、保湿クリーム選びで迷ってしまう人もたくさんいると思いますが、保湿クリームを選ぶ際には浸透力に注目するのがポイントになります。

水分不足となって、目の下のたるみとならないためには肌の奥の真皮までしっかりと潤い成分を送り届ける必要があるのですが、潤い成分のなかには分子が大きくて真皮まで浸透しにくい成分もあるので、浸透力にこだわっている保湿クリームを選んでいきましょう。

また、浸透力のある保湿クリームを選ぶだけではなく、浸透しやすくする使い方をすることも大切です。

保湿クリームをつける前に手で温めて、肌と同じ温度に近づけてから使用するだけでも効率よく浸透させることができますし、入浴や洗顔をして顔を温めて毛穴が開いた状態で使用することでも効率よく浸透させることができます。

保湿クリームの他にもコラーゲンのサプリメントを飲んでいる人も多いと思います。

コラーゲンサプリメントを飲んでいる人のなかには、コラーゲンサプリメントで摂取したコラーゲンがそのまま肌のコラーゲンとなると思っている人もいるかもしれませんがそういうわけではありません。

コラーゲンサプリメントを摂取すると体内で分解され様々なアミノ酸に変化します。そのアミノ酸の中でもほんの一部だけしかコラーゲンの生成に使われないのです。よって、コラーゲンを効率よく摂取できるサプリメントであっても短期間飲んだくらいでは、効果を実感することはできないので、長期間継続して飲んでいく必要があります。

また、化粧品などの成分をしっかり浸透させるため方法としてイオン導入という方法もあります。イオン導入とは電流の力を使って有効成分を肌の奥までしっかりと浸透させる方法です。

イオン導入器というと高額なエステサロンで使用されるものというイメージがあるかもしれませんが、最近では家庭用の美顔器にイオン導入の機能がついているものが販売されるようになっています。

目の下のたるみは肌の奥の真皮に潤い成分を届かせることが大切になるので、イオン導入器によって浸透力をアップさせるのは有効な手段と言えるでしょう。