目の下のたるみにテーピングは効果ある?

・美容テープとは

目の下のたるみで悩んでいる人のなかには鏡にうつっている自分の顔を見ながら、手で目元を引っ張って「ここまで引き上がらないかな」と思ったことがある人はたくさんいるのではないでしょうか。ひょっとしたら鏡を見るたびに手でたるみを引っ張っているという人もいるかもしれませんね。

そういった人はテーピングを使って目の下のたるみ対策してみるのも一つの方法です。最近では美容テープという肌の引き上げなどのために使用する専用のテーピングがあります。

「肌に長時間テーピングすると肌に良くないのでは?」と心配する人もいると思いますが、ちゃんとした美容テープであれば、0.005ミリと非常に薄く、空気を通す素材になっているため肌に優しく長時間テーピングしておくことが可能です。

美容テープは非常に薄く透明のテープになるので、髪型やメイクで上手に隠せば、美容テープでリフトアップして目の下のたるみを目立たなくした状態で外出することも可能です。

このように外出時に一時的に目の下のたるみを目立たなくするだけではなく、目の下のたるみを引き上げた状態にすることで、皮膚の伸びた部分と縮んだ部分が均一化しようとしたり、引き上げる筋肉が使われて鍛えられることなどで、矯正効果もテーピングには期待することができます。

美容テープの使い方は簡単ですし、手軽に始めることができる目の下のたるみ対策なので改善したいと思っている人は試してみるのもいいかもしれませんね。

 

 

 

・ヒアロディープパッチで弾力のある肌に

目の下のたるみの対策としてテーピングを使った対策を紹介し、引き締め効果やリフトアップ効果が期待できるということを紹介しましたが、テーピングによって引き締め効果やリフトアップ効果を得ることができたとしても、それは目の周りの皮膚が引き締められたり、筋肉が鍛えられたりすることで効果が出ているのであって、弾力のある肌をつくり出すために必要なヒアルロン酸やコラーゲンなどが増えるわけではありません。

つまり、テーピングでは目の下のたるみの主な原因となる、ヒアルロン酸不足、コラーゲン不足などは解消することはできません。

そこでヒアルロン酸不足を解消する方法としておすすめなのがヒアロディープパッチです。

ヒアロディープパッチとは、世界初のヒアルロン酸マイクロニードルを採用したシートでシート上には約750本ものヒアルロン酸でできた針が敷き詰められています。このシートを貼ることで、肌の奥にヒアルロン酸をダイレクトに与えることができるのです。

ヒアルロン酸が肌にしっかりと補給され弾力のある肌になれば、目の下のたるみも改善することが期待することができます。

先ほど紹介したテーピングと一緒にヒアロディープパッチで目の下のたるみのケアをしてみるのもいいかもしれませんね。

ヒアロディープパッチのマイクロニードルは痛くないの?と心配する人もいると思いますが、ヒアロディープパッチのマイクロニードルは針といっても、目で確認することができないくらい非常に小さな針なので痛みはほとんどありません。

初めて使用した人はちょっとチクチクするとか違和感があるという人が多いですが、肌に触れると針は数分で溶けていくので、すぐにチクチクするのもなくなりますし、2回目からは初回ほど気にならなくなる人がほとんどです。

 


 

・ヒアロディープパッチの定期コースについて

ヒアロディープパッチはネット通販で購入することができますが、お得に購入したいというのであれば、公式サイトの定期コースで購入するのがおすすめです。(ヒアロディープパッチは公式サイトの他の大手通販サイトで購入することもできますが、定期コースはありません。)

ヒアロディープパッチの定期コースは3種類あって、金額的に1番お得になるのが20%オフの年間コースです。年間コースは毎回20%オフで、さらに翌年の初回に2500円割引されます。ただし12個までは解約することができないという条件があります。

次に金額的にお得になるのが15%オフの基本コースです。こちらも毎回15%オフとすごくお得に購入することが魅力ですが、9個までは解約することができないという条件があります。

解約に条件がつくのはちょっと困るという人は10%オフのお試しコースがおすすめです。お試しコースは10%オフで購入することができる上に、解約する際の条件はなく1回目から解約することが可能ですし、さらに全額返金保証もついているので、初めてヒアロディープパッチを試してみるけど、本当に効果があるのか不安だという人でも、安心してさらにお得に購入することができます。

どの定期コースでも定価で購入するよりもお得にヒアロディープパッチを購入することができますが、どのコースが最もお得かは、とにかくお得に買いたいか解約する条件がない方がよいかによって異なってくるので、自分に合ったコースを選んでいくと良いでしょう。