【要注意】睡眠不足が目の下のたるみの原因になる?

・あなたは睡眠不足になっていませんか?

「1日24時間じゃ足りない!」
「もっと自由な時間に過ごせる欲しい!」

というようなことを日々思っている人はたくさんいるのではないでしょうか。しかし、仕事や家事、子育て、人との付き合いなどやらなければならないことをやるだけでもたくさんの時間が必要で、

・友達や家族と楽しむ時間がもっと欲しい
・自分の趣味を楽しむ時間がもっと欲しい
・自分をスキルアップさせるための時間がもっと欲しい

と思っている人はたくさんいると思いますし「時間がない」というのが口ぐせになってしまっている人もいるのではないでしょうか。そういった場合に時間を確保するためについ削りがちなのが睡眠時間だと思います。そういった日々を繰り返していくことで慢性的に睡眠不足となっている人は多いでしょう。

睡眠不足は健康面への悪影響だけではなく、目の下のたるみなど肌へも悪影響を与えてしまうので注意が必要です。

 

 

 

 

・睡眠不足が目の下のたるみの原因となる理由

目の下のたるみがあると、顔全体の印象が大きく変わって、やつれ顔、老け顔といった良くない印象を与えてしまいますよね。

目の下のたるみは加齢による筋肉の衰えなどが原因でもあるので仕方がない部分もありますが、日々の生活習慣の乱れが大きな原因となっているケースも少なくありません。特に生活習慣の乱れのなかでも睡眠不足は目の下のたるみの大きな原因につながってしまいます。

人の肌は日中に紫外線やストレスなど様々なものによってダメージを受けています。日々のスキンケアでできるだけダメージを受けないようにすることも大切ですが、蓄積したダメージを修復するために成長ホルモンを分泌し肌の新陳代謝を行うことが大切になりますが、その作業が行われるのが睡眠時なのです。

特に眠りについてから最初の3時間くらいは深い眠りにつきやすく、肌の回復が行われやすい時間帯と言われています。その時間帯に質の高い睡眠をとることができなかったり、じゅうぶんな睡眠時間を確保することができないと、肌に必要な栄養素が行き届かなくなり、老廃物も溜まったままとなり、肌が老化してしまいます。なかでも目の下は肌が薄いところで、クマができやすい箇所になりますし、何度もクマをつくっていると、たるみにもつながってしまいやすい箇所になります。

 

 

 

 

・睡眠不足を改善して目の下のたるみの対策を

目の下のたるみの原因となる睡眠不足を改善するためには、睡眠時間の確保することが大切になります。そのためには生活習慣を見直して規則正しい生活を送ることがポイントになります。毎日忙しくて時間がないという人でも、生活習慣を見直してみると効率の良い時間の使い方をしていくことで睡眠時間を増やす時間が少しくらいは見つかると思います。

できるなら1日7時間以上は睡眠時間を確保できるように日々の生活を見直してみることをおすすめします。しかし、時間がもったいないし面倒だからといって、メイクを落とさずに寝てしまうと肌に大きな負担をかけてしまうので、メイクはきちんと落としてから寝るようにしましょう。

また、規則正しい生活を送ることで、就寝時間を毎日ある程度同じ時間にすることができると、身体にリズムができてきて、就寝時間が近づいてくると自然と眠りにつきやすくなるという効果も期待することができます。寝付きが良いとそれだけ睡眠時間が多くなりますし、質の高い睡眠をとることができるので、寝付きが良いかどうかというのも睡眠時間と同じくらい重要になります。

寝付きが悪いという人は、できるだけ毎日同じ時間帯に寝るようにして身体のリズムをつくるというのがおすすめですが、それ以外にも寝つきをよくするための工夫はいろいろあります。

例えば、寝る1時間くらい前には脳や身体をリラックスさせて眠りにつく準備をさせることで寝付きが良くなります。

寝る直前まで仕事や勉強をしたり、パソコンやスマートフォンを使用したり、筋トレなど激しい運動をしていると脳や身体が緊張状態になってなかなか眠りにつくことができなくなってしまうので、眠りにつく前には控えるようにしましょう。そういった意味でも、眠りにつく直前は仕事のことなど難しいことを考えたり、悩み事を思い浮かべたりしないようにせずにリラックスすることも大切ですね。

眠りにつく1時間前は好きな本を読んだり、ストレッチをしたり、楽しいことを思い浮かべるなど脳や身体をリラックスさせるように心がけましょう。何も考えずにボーっとするというのも良いと思います。

また、照明を上手に活用することでも寝付きをよくすることができます。朝起きるときに朝日を浴びると、身体が活動的になって目も覚めやすくなりますが、夜眠りにつく場合も照明を暗くすることで、寝付きがよくなります。就寝時間が近づいてきたら間接照明などを使って部屋の照明の明るさを暗めにして、身体に眠りにつく準備をさせましょう。