30代の目の下のたるみを解消するためのポイント

・30代の目の下のたるみの主な原因について

 

10代、20代の頃は特に肌の悩みはなかったという人でも、30代になってくるといろいろな肌トラブルで悩みを抱える人が増えてきます。

 

30代の肌の悩みのなかでも、目の下のたるみで悩んでいる人はたくさんいると思います。目の下の肌はすごく薄いので、ちょっとしたたるみでも目立ちやすく、老け顔、疲れ顔を演出してしまうので、非常に厄介なものです。

 

目の下のたるみの原因はいろいろありますが、年代によって主な原因は異なってきます。目の下のたるみを解消することを目指すためには、まずは原因を知ることが大切になりますが、30代の目の下のたるみの主な原因はターンオーバーの乱れによる表皮のたるみです。

 

ターンオーバーという言葉は聞いたことがある人もたくさんいると思いますが、ターンオーバーがどういったものであるか理解しているようで、詳しいことは分からないという人も意外と多いのではないでしょうか。

 

ターンオーバーというのは、肌の新陳代謝の機能のことで、ターンオーバーの周期が正常であることで、肌トラブルのない健康的な肌を保持していくことができます。ターンオーバーの周期は大体28日と言われていますが、30代になってくるとホルモンバランスの乱れなどが原因となって、ターンオーバーの周期が徐々に遅れていってしまいます。

 

よって、30代の人が目の下のたるみを解消する際には、ターンオーバーを正常にすることを意識して対策をとることが大切になります。

 

 

 

・正しい洗顔方法を知ろう

 

30代の人の目の下のたるみを解消するためにはターンオーバーを意識することが大切であることを紹介しましたが、ターンオーバーと大きな関わってくるスキンケアが洗顔です。

 

生活していく中で肌についた排気ガスやほこり、汗、酸化した皮脂などをしっかりと洗い落として清潔な状態を保つことはスキンケアの基本となりますし、ターンオーバーを正常な状態に改善していくためにも欠かすことができません。

 

目の下のたるみを始め、肌の悩みを抱えている人であれば、毎日しっかりと洗顔を行っている人がほとんどだと思いますが、間違った洗顔料選びや洗顔方法で洗顔してしまうとかえってターンオーバーを乱してしまう原因になってしまうこともあるので注意が必要です。

 

洗顔方法で多くの人がやってしまいがちなのが、いきなり洗顔料を使って洗顔を始めてしまうことです。洗顔するときはいきなり洗顔料をつけるのではなく、まずぬるま湯だけで洗顔をして軽く汚れを落とした状態で洗顔料をつけましょう。そうすることで、洗顔料でよりしっかりと汚れを洗い落とすことができるようになります。

 

また、一生懸命洗顔しようと手に力をいれてゴシゴシと洗顔する方法も多くの人がやってしまっている洗顔方法だと思いますが、この洗顔方法では肌に大きな刺激を与えてしまいます。特に目の周りの皮膚は非常に薄いので、目の下のたるみが気になるからとゴシゴシと洗ってしまわずに、刺激を極力与えないように特に注意する必要があります。

 

刺激を極力減らして肌への負担を減らすという意味では、洗顔にかける時間が長すぎるのもよくありません。大体1分くらいを目安に終わらせるようにしましょう。しかし、早く終わらせた方が良いからといって、しっかりとすすぎを行わずに汚れや洗顔料の洗い残しがあると意味がないので、すすぎは丁寧にしっかり行いましょう。

 

また、すすぎをするときにシャワーの水圧を直接顔に当てている人もいるかもしれませんが、肌に大きな負担となるので、すすぎをする時は洗面器に入れたぬるま湯を手ですくって優しくすすぎをするようにしましょう。

 

 

 

 

・メイクとクレンジングについて

 

30代の目の下のたるみを解消するためにターンオーバーを正常な状態にすることがポイントとなりますが、ターンオーバーを正常な状態にしたいということだけを考えるのであれば、メイクはしないに越したことはありません。メイクをすることで紫外線対策をすることも可能ですが、基本的には肌にとって負担をかけてしまいますよね。

 

また、メイクはきちんと落とさないと肌トラブルの原因につながってしまうので、きちんと落とすためにクレンジングが必要になりますが、クレンジングも肌に負担をかけてしまいます。だからと言って今日からノーメイクにしなさいと言われても、それは無理だという女性がほとんどだと思います。

 

よって、メイクをする際にはメイクが濃くなりすぎないようにして少しでも肌への負担を減らすことが大切です。目の下のたるみが気になるからといってたるみを隠そうとして濃いメイクになってしまわないように注意しましょう。また、休日などを利用してメイクをしない日をつくってみる努力をしてみるのもおすすめです。近所のコンビニにちょっと買い物に行くという程度であればノーメイクで出かけるようにするなど、自分が出来る範囲で努力してみてください。