あきらめないで!40代の目の下のたるみを解消する方法

・40代の目の下のたるみの原因について

40代になってくると「いつまで経ってもキレイなお姉様」と「オバサマ」のどちらかに分かれる大きな分岐点に差し掛かるのを実感する年代だと思います。鏡を見て、このままではオバサマへの道にまっしぐらだと危機感を持っている人もたくさんいるのではないでしょうか。

見た目の印象を大きく変えるのが目元です。人を見るときに顔に目が行きますし、顔の中でも目元に自然と目が行くものですよね。目の下のたるみなどがあると、老けた印象を与えてしまうので、何とか解消したいと思っている人も多いのではないでしょうか。

目の下のたるみの主な原因は年代によっても異なってきますが、40代の人の目の下のたるみの主な原因は、線維芽細胞の生成の低下です。

線維芽細胞というのは肌の真皮にある細胞で、コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンといった成分をつくり出す際に源となる細胞になります。40代になってくると体内で線維芽細胞がじゅうぶんに生成されなくなってくるため、肌に潤いやハリを与えるコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンが不足してしまうため肌のたるみが目立つようになってしまうのです。

さらに40代になってくると顔の筋肉の筋力も徐々に低下してくるので、さらにたるみが目立ちやすくなってしまいます。

 

 

 

 

・40代の目の下のたるみを解消するための対策について

40代の目の下のたるみの主な原因は加齢に伴うものが原因となっているため解消するのは簡単なことではありませんし、ケアをしているつもりでも加齢による衰えにケアが追いつかずに思うような解消効果を得ることができないこともよくあります。

そこで、効果的なケアが必要になってきますが、レチノールという成分を真皮に補給してあげるのも効果的なケア方法の一つとしておすすめです。

レチノールというのはビタミンAの一種です。レチノールはターンオーバーを促して、老化の進んだ古い細胞を排出する働きも持っていますし、線維芽細胞に働きかけてコラーゲンを効率よく生成させたり、ヒアルロン酸を保つ働きなどをもっています。

最近ではレチノールが含まれたクリームなどもあるので、そういったものを活用してレチノールを肌に補給してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

・40代のアイメイクについて

目の下のたるみは根本的に解消することが理想ですが、アイメイクで目立たなくしようと努力している40代の人も多いのではないでしょうか。しかし、そういった人達のなかには目元のくすみを強調させてしまったり、目が小さく見えてしまう結果になって、かえって老け顔を目立たせてしまっている人も少なくありません。

目の下のたるみを解消したいという人は、スキンケアなど根本的に解消するための対策をとると同時にアイメイクも一度見直してみることをおすすめします。

ここでも、目の下のたるみを目立たなくして若々しく目元に仕上げるアイメイクを紹介するので参考にしてみてください。

まず、アイメイクの色選びですが、40代のアイメイクは色選びが重要なポイントになります。特に目の下のたるみが気になるという人はたるみを感じさせないハリ感のある色を選んでいくのがポイントなので、ナチュラルなオレンジ系を選ぶのがおすすめです。

アイライナーは黒を使っている人もたくさんいると思いますが、目を小さく見せてしまいます。そこでブラウンのアイライナーを使うと目をパッチリさせることができますし、優しく目力をアップさせることができます。

くすみのある部分にいきなりアイシャドウを塗ろうとしても、きちんと発色しないので、先にコンシーラーでくすみをオフします。コンシーラーは目の下だけではなく上まぶたや目尻の切れ込み部分にも使用しましょう。

40代の人が固形のコンシーラーを使用すると厚くなって老けた印象を与えてしまうので、リキッドタイプのコンシーラーを使用するのがおすすめです。その後、アイホールの部分に明るいベージュを全体に塗るとくすみをキレイにカバーすることができます。そして、オレンジを二重幅に入れるとまぶたが明るく、そして引き締まっているように見せることができます。

アイラインは目頭から目尻まで引いてから最後に1、2ミリくらい自然にはね上げるように仕上げると若々しく印象を与えることができます。さらに引いたアイラインをぼかして自然なグラデーションをつくることで目を大きく見せることができます。

気になる目の下のたるみは明るいベージュを目じりの方につけることでハリ感を出すことができます。目頭の方はハイライトをいれることで、ハリ感が出ますし40代の人に多い白目のくすみをクリアに見せる効果もあります。

また、まつ毛にマスカラの下地をのせて、目頭部分にマスカラを重ね塗りするのがおすすめです。そうすることで、加齢によって細くなってしまった40代の細いまつげをカバーすることができますし、目の下のたるみで目が離れて見えるのをカバーすることができて、顔全体の老けた印象を消し去る効果が期待できます。